国道から50メートルの崖下に車 周辺から男性遺体発見

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.07 12:09

北海道・白糠町で6日、国道から50メートルの崖下で転落した車と男性の遺体が見つかりました。

警察は7日朝から実況見分を行い、事故の詳しい状況を調べています。

白糠町上茶路で6日午後5時ごろ、通行人からの通報をうけ、国道の約50メートル崖下で転落した車と男性の遺体が見つかリました。

警察は7日朝から実況見分を行っています。

(武田記者)「車はこちらの橋からおよそ50メートル下でみつかり、さらに遺体は川の100メートル下流で発見されたということです」

現場はゆるやかなカーブの片側1車線の国道で、ガードレールのない橋の手前部分から車が転落したとみられています。

車の所有者と3月から連絡が取れていないことから、警察は遺体が車の所有者の男性とみて身元の確認を急ぐとともに、転落した原因を調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース