夕方のすすきの停留所で信号設備から「白煙」 札幌市電が折り返し運転 運転再開のめど立たず

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.05.01 19:02

1日午後5時すぎ、札幌市中央区の札幌市電すすきの停留所にある信号設備から煙が出ました。
この影響で市電は直後の午後5時15分から、西4丁目~東本願寺間(中央図書館前経由)で折り返し運転をしています。
市電を運行する電車事業所によりますとこのトラブルのおよそ30分前に、すすきの停留所周辺の信号機が消え電車が出発できなくなっていて、駆け付けた係員による手信号で運転再開していたということです。
午後6時半現在、運転再開のめどは立っておらず電車事業所では設備復旧を急ぐとともに発煙した原因を調べることにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース