「対岸の火事ではない」北海道 集中対策期間1か月延長を決定

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.01.14 17:06

北海道の鈴木知事は14日午後の対策本部会議で、新型コロナウイルスの集中対策期間を2月15日まで延長することを決定しました。

鈴木知事は「全国的に感染が急速に拡大していて、決して対岸の火事ではない」として、札幌・すすきの地区の飲食店に午後10時までの時短営業を再要請するなど、新たな対策を打ち出しました。

※詳しくは動画をご覧下さい。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース