「自殺は長時間労働とパワハラ」訴訟始まる 町側はパワハラ有無を争う姿勢

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.24 18:30

北海道・標津町の職員だった息子が自殺したのは長時間労働で精神的に追い込まれたためだとして、両親が標津町に対し約1億円の損害賠償を求めた裁判が始まりました。

標津町の職員だった鈴木雄大さん(当時24)は2019年7月、長時間労働で精神的に追い込まれ自ら命を絶ちました。

鈴木さんの両親が標津町側に約1億900万円の損害賠償を求める裁判が始まり、父親の省三さんは「息子が自殺したのは長時間労働と上司のパワハラ」が原因などと述べました。

標津町側は長時間労働が自殺の一因と認めたものの、パワハラの有無については争う姿勢を示しました。

鈴木さんの両親は真相を明らかにしたいと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース