「よ・い・こ」に! 端午の節句を前に空を彩る415匹のこいのぼり 北海道・美幌神社

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.05.01 17:47

北海道・オホーツクの美幌神社の境内では、端午の節句を前に400匹以上のこいのぼりが空を彩り見る人の目を楽しませています。

優雅に風をうけながら泳ぐこいのぼり。ここは美幌町の美幌神社です。
こいのぼりは町内外から奉納され「よいこ」にちなみ415匹ほどが掲げられました。
(親)「子どもが喜んでいるのでずっとやっててほしいなあと」
(美幌神社 井上聡宮司)「(コロナ対策の)ルールを守りながらこいのぼりを楽しんでいただきたく思っております」

4月30日に満開となった桜の名所、静内の二十間道路です。
2200本もの桜が咲きそろい春の訪れを知らせています。
2年ぶりとなったしずない桜まつりでは、「ステージイベント中止」「食品は持ち帰り販売限定」など感染予防策がとられ開催されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース