[未来につなぐSDGs]衣替えが地球を救う?札幌のデパートに設置された「回収ボックス」がすごい

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.07 16:38

持続可能で多様な社会の実現を目指し未来につなぐ「SDGs」。

衣替えの季節となり不用品をリサイクルに、と考える方もいると思いますが、札幌のデパートでは「リサイクル」に注目したキャンペーンがはじまりました。

プリンがのった美味しそうなパフェに、色とりどりのマカロンを使ったラスク。

実はこちら、製造過程で出るお菓子の切れ端を使っています。

札幌のデパートで始まったエコキャンペーン。

フードロスを減らそうと6つの店舗で、訳あり品を使った「リメイクスイーツ」をお得に買うことができます。

(大丸札幌店 中井香住さん)「普段処分してしまうものをリメイクをして世に出すことによって、フードロスに取り組んでいるという意識が高まっています」

エコなのはお菓子だけではありません。

正面玄関の特設会場に設置されたこちらの箱。お客さんが次々と持ち込んだものを箱に入れていきますが。

(久保アナウンサー)「こちら何の箱かというと、いらなくなったになった衣類などをリサイクルできる非接触型の回収BOXなんです」

デパートでは5年前から衣類の回収キャンペーンを行っていますが、新型コロナの影響をうけ、安心安全に配慮した非接触型の回収BOXを導入しました。

(久保アナウンサー)「衣料と靴やバッグなどを分けて入れるようになってます。画面に1点と表示されました」

この投入口にはセンサーがあり、自動で枚数がカウントされる仕組みになっています。

(久保アナウンサー)「こちらの画面に3点と表示されました。非接触でできるというのは便利ですね」

回収品1点につき、お店で使えるショッピングチケット1000円分をもらうことができます。

3点入れた場合は、3000円分がもらえます。

会員になると電子チケットでの発行も可能だということです。

Qいくつぐらいのお洋服を?
(利用客)「5点。この状況(コロナ禍)なので非接触のほうが、皆さん来やすくて良いと思います。」

(大丸札幌店 吉川幸助さん)「社会貢献活動してみたいとか、何らかのアクションをするきっかけの一つ。気軽にどなたでも参加いただけるプロジェクトになってます」

リサイクル品は1人9点まで。

普段はリサイクルにだせないネーム入りのスーツなども受け付けているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース