「危機的状況になりかけている」旭川で感染拡大 新型コロナウイルス 北海道40人感染

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.17 17:32

新型コロナウイルスの最新情報です。

北海道では17日、40人の感染が確認されました。

感染者が40人台となるのは10月14日以来で、増加傾向にあります。

札幌市では23人の感染が確認されました。

2日連続の20人超えです。

そのほか、旭川市で16人・石狩管内で1人となっています。

これまでに発表されている新規のクラスターはありませんが、16日に17人の感染が確認された札幌市の医療機関で、新たに患者17人・従業員2人の感染が確認され、計36人となっています。

北海道の感染者数は、今週に入り増加の兆しが見られます。

16人の感染者が確認された旭川市について、札幌医科大学の横田教授は「危機的状況になりかけている」と警鐘を鳴らしています。

次の理由をあげています。
・濃厚接触者の追跡が難しい「飲食店」でクラスターが多発
・感染経路不明の人が増えている

今後重症化リスクの高い高齢者施設でのクラスター発生が懸念されるとして、改めてひとりひとりの感染対策の徹底、行政からの強いメッセージも必要ではないかと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース