大津波警報発表を想定し道警ヘリが救助訓練

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.26 07:36

日高の浦河沖で、地震と津波が発生したことを想定して建物の屋上に避難したけが人を警察のヘリコプターで救出する訓練がありました。

訓練は、浦河沖でマグニチュード6.9の地震が発生し大津波警報が発表された想定で実施されました。救出にあたる道警の航空隊員は建物の屋上へ避難したけが人と接触すると、一緒にヘリコプターでつり上げられ、別の場所へけが人を搬送していきます。浦河町は、今後30年以内に震度6弱以上の地震が69%の確率で発生するとされ、警察は引き続き、災害への備えを進めていきたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース