「まずはコロナ収束」衆院補選で当選 立民・松木氏に証書

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.27 19:04

25日に投開票された衆議院北海道2区の補欠選挙で当選した松木謙公氏に当選証書が手渡されました。

立憲民主党の松木謙公氏は27日午後、北海道の選挙管理委員会から当選証書を受け取りました。

補欠選挙では自民党が候補を擁立しないなか、野党統一候補として出馬し5回目の当選を果たしました。

(立憲民主 松木謙公氏)「1票入れてよかったな、当選させてよかったと思われるように活動していかなくてはならない」

松木氏は「まずはコロナの収束が今の政治では1番大事」と意気込みを語りました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース