「不戦敗」選択の自民党 次期衆院選の候補者公募 6月下旬までに決定へ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.28 12:34

衆議院北海道2区補選で「不戦敗」となった自民党の支部役員会が開かれ、総選挙に向けて候補を公募する方針を確認しました。

札幌市内のホテルで開かれた自民党道2区支部の拡大役員会には、道連幹部や道議・市議など約20人が出席しました。

会の冒頭では、自民党道連・八田幹事長が衆院2区補選で自民党が不戦敗を選んだことを陳謝しました。

そのうえで秋までの総選挙に向け、候補者を5月中旬にも公募する方針を確認しました。

(自民党道連 八田盛茂幹事長)「勝つ候補を連携しながら素晴らしい候補を出馬していただきたい」

候補は6月下旬の自民党道連大会までに決定し、公表したい考えです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース