“北方四島交流事業”5、6月分の実施を断念 新型コロナ感染拡大で

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.29 08:18

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、北方四島を元島民らが訪問する交流事業を5月と6月分は実施を断念することが決まりました。7月以降は今後、調整するということです。

北方四島との交流事業を主催する北方領土問題対策協会は、新型コロナの感染拡大の影響でことしの事業計画がロシア側と合意に至っていないことなどから、5月と6月分の実施を断念すると発表しました。

北方四島との交流事業は、去年も新型コロナの影響で「ビザなし交流」や「自由訪問」、「墓参」がすべて中止となり、元島民らは航空機を使った上空からの慰霊のみ参加しました。

協会側は7月以降の事業について政府と連携しながら調整するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース