新たな不法投棄か またも狙われた住宅街 住民の怒りと「逃げた車」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.06 16:53

悪質な不法投棄が繰り返されています。寝静まったあとの住宅街で路上にごみを捨てながら走る車。

度々行われる犯行を防犯カメラが捉えていました。

4日午後9時半ごろ。夜の住宅街。このとき、道路には何も落ちていません。

しかし、1台の車が通過すると、大量のごみがばらまかれていました。

運転席側の窓から投げ捨てられたのか。

道路に残されたのは、紙くずや食品が入っていたとみられる袋など。

このような不法投棄は今回が初めてではありませんでした。

3月11日午後9時半ごろ。こちらは先月撮影された映像です。

画面手前から通過した1台の車がごみを捨てていったようにみえます。

付近では、1年以上前から悪質な不法投棄が繰り返されているといいます。

自宅の目の前にごみが捨てられていたという住民は。

(付近の住民)「雪の下から去年のごみが出てくると、やっぱり怒りがこみ上げてくる」

今回、ごみが捨てられたのは札幌市白石区北郷の住宅街。

交通量の多い線路沿いの道につながる生活道路です。

過去の動画と比べると、車は1か月前とは逆の方向に走行していることがわかります。

一体何のために、この場所を訪れているのか。

(付近の住民)「時間を変えたり、状況(方向)を変えて、わざわざ来ていると思うんですけど、本当にくだらないからってことは伝えたいですね」

住民の心に積もった不安は雪解けを迎えないまま。

警察は不法投棄事件として捜査を進める方針です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース