「蒸気機関車を守ろう」ボランティアがSL館で雪下ろし

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.02.15 08:00

北海道夕張市の博物館では、蒸気機関車の展示施設を守るため、建物の雪下ろしをするボランティア活動が行われました。

夕張市の「石炭の歴史村公園」にあるSL館には、かつての炭鉱のマチ夕張を支えた蒸気機関車が保存されています。この建物と貴重な資料を守るため2月13日、SL保存会の有志ら20人ほどが参加し、ボランティアで建物の雪下ろし作業が行われました。

(三菱大夕張鉄道保存会 和田宏士代表)「(建物には)貴重な車両が保存されているので、なんとか守っていきたい」

施設は長らく休館中ですが、保存会では公開の機会を設けたい考えです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース