「現場ファッション」止まらぬ進化 おしゃれで安くて高機能 注目の新店オープン

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.28 10:39

現場で仕事をする人のための作業服などを販売する会社が、ファッション性を重視したアパレルショップを新たにオープンします。

キーワードは「機能性」。オープンを前に報道機関に公開されました。

(長南記者)「一見ふつうのキャップに見えますがマスクかけれて耳が楽なんです」

耳に直接マスクが当たらず、快適に過ごせるキャップ。

おしゃれなワイドパンツはピクニックに。

もし、突然雨が降っても大丈夫。このパンツ、撥水加工なんです。

電動ファン付きのベストは、スイッチを入れると風が中に取り込まれて暑いときにも快適に過ごせます。

仕事にも普段にも着られそうなおしゃれな商品が、ずらりとならびます。

作業服専門店「プロノ」の新しいスタイルの店「ハミューレ」の2号店が、札幌市東区の商業施設「アリオ」内に28日オープンします。

(長南記者)「驚きなのがそのお値段。ズボンとトップスとシャツ全部あわせてなんと1万円以下なんです」

トップス2990円、シャツ2739円、ズボンは3289円ぜんぶ合わせて9018円。

ズボンには伸縮性があるなど機能性もばっちりです。

安い値段と、作業服専門店ならではの機能性を武器に、女性や子供といった新たな客層を取り込む狙いです。

北海道では同じく作業服の販売を主力としていた「ワークマン」がファッション重視の店舗をおととしから出店するなど、仕事着の専門店がアパレル業界に進出する動きが広がっています。

(ハミューレ店員)「10年以上前からワーカー相手プラス一般のお客様にということをプロノでずっとやってきております。ノウハウを生かして商品展開していきたい」

おしゃれなだけではない機能性を武器にした新たなアパレルショップ。

ワークショップの挑戦は続きます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース