感染者急増なら「緊急事態宣言並みの措置」緊急生出演で秋元札幌市長

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.27 19:01

札幌市の秋元市長がどさんこワイドに生出演し、今後の市内の感染者が急増した場合、緊急事態宣言並みの措置も必要との認識を示しました。

(札幌市 秋元克広市長)「先週の措置を始める段階でまん延防止措置のこと意識してやっている。内容的にはまん延防止措置とほぼ同じ様な状況をいまお願いしている。これがさらに感染者が増えてくるようなことになれば、まさに緊急事態宣言に近い内容を要請していくことになる」

(宮永キャスター)「場合によっては休業要請にレベルを上げる?」

(札幌市 秋元克広市長)「(レベルを)上げるとか、対象の業種を拡げるとかを考えていく。ワクチンの供給もある程度見えてきたので、札幌においては5月の連休明けに高齢者の方に接種券を送付させていただきたい。ただ、ワクチンの供給量が限定的なので、まずは75歳以上の方、そして、65歳から74歳までの方、高齢者の方も2回に分けて接種券を送らせていただいて予約していただくそういう体制を考えている。ゴールデンウイーク明け9日ぐらいから発送する状況」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース