変わる新札幌“30階建て高層マンション”のモデルルームは?

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.29 10:19

JRと地下鉄駅の、両方に直結した北海道内初のタワーマンションです。再開発が進めらている札幌の副都心、新札幌に30階建ての高層マンションが建設されています。28日、そのモデルルームが公開されました。

(森永記者)「新札幌の街並みが一望できますが、ここに商業施設やタワーマンションが建設されます」

着々と工事が進められているのは、JR新札幌駅周辺の再開発事業です。

ここには、商業施設やホテル、4棟の医療施設が新たに建設され、それぞれの施設が空中回廊で結ばれます。

そして、2年後には、道内初となるJRと地下鉄駅の両方に直結した30階建ての高層マンションが完成します。

(大和ハウス工業北海道支社 菅原貴志事業部長)「新札幌駅周辺を活気あるものにしていく。厚別区が抱える少子高齢化問題に複合開発をもくろみました」

報道陣にお披露目されたモデルルーム。

ファミリー層をターゲットにした4LDKの部屋は、6000万円台から販売されます。

大きな窓がついた開放的な20畳のリビングに広々としたキッチン。

7畳の寝室のとなりには化粧台を備えたクローゼットが完備されています。

1人暮らし向けの1LDKは3000万円台から、最上階の部屋は1億8000万円台とあわせて220戸の部屋があり、6月中旬からの販売を予定しています。

高層マンションの建設にまちの人は。

(地元の住民)「人が集まってくることでいろんな店ができたり、そういう流れができたらいいなと思います。すごく期待しています」

(森永記者)「青少年科学館の隣には新たに大学と専門学校が完成し、この春から開校しました」

再開発は、JRの線路を挟んだ南側でも進んでいます。

4月、医療系の専門学校が開校、札幌学院大学は一部の学部を江別のキャンパスからこの地区に移転しました。

(江別キャンパスから移転 札幌学院大学2年生)「ご飯食べるところあるし、バスも多いし、札幌も近いし、いいところしかない」

(江別キャンパスから移転 札幌学院大学2年生)「遊ぶところが増えたかなと思います。新札幌を札幌の中心にしてほしい」

若い人やファミリー層によるにぎわいが期待される新札幌。

再開発によって、まちは大きく変わろうとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース