「高齢者ワクチン」30万人分確保へ 札幌は5月24日接種開始予定

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.27 19:15

高齢者向けのワクチンについて、来月10日の週以降に全道で約30万人分確保できる見通しであることがわかりました。

北海道の65歳以上の高齢者は約166万人で、すでに一部の高齢者施設ではワクチンの優先接種が始まっています。

関係者によりますと、来月10日週以降に全道で542箱・約30万人分の高齢者向けワクチンが、国から供給される見通しであることがわかりました。

これまでの分と合わせて約50万人分に上ります。

札幌市では、来月24日に高齢者の一般接種が始まる予定です。

鈴木知事は27日、「どうみん割」に代わる旅行助成事業について札幌を除外した上で来月31日まで1ヶ月間延長することを決めました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース