鈴木知事が強い口調で呼びかけ「札幌市内は厳しい状況」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.30 18:55

新型コロナウイルスの「ゴールデンウィーク対策期間」を実施して1週間。

鈴木知事は、まん延防止等重点措置などの対象地域と同じ要請をしていると強い口調で呼びかけました。

(鈴木直道知事)「特に新規感染者数が28日には103日ぶりに1月15日以来、200人越えという状況。

特に札幌市内では連日170人を超える厳しい状況。引き続き変異株、こちらは増加をしている。

この変異株の割合は引き続き、約8割が札幌市の状況。

札幌以外への広がりも警戒をしていかなければならない。

札幌市内は、まん延防止等重点措置の対象地域と同じ強い要請。外出往来の自粛をお願いしている。

今後人流が減少しない連休中であっても、速やかに緊急事態措置、内容も含めたより強い対策を検討していかなければならない」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース