旭川・女子中学生死亡“いじめ”疑いある「重大事態」に認定

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.29 10:16

北海道旭川市で女子中学生が遺体で発見され、「いじめを受けて自殺した」と報じられた問題で、市の教育委員会はいじめの疑いがある「重大事態」に認定しました。

旭川市では3月、市内の中学校に通う女子生徒が遺体で発見され、「いじめを受けて自殺した」と報道されたことを受け、市が調査の方針を明らかにしていました。

そして27日、旭川市教育委員会はいじめの疑いがあるとして「重大事態」に認定し、5月中にも第三者による本格的な調査を始めることを決めました。

(旭川市 西川将人市長)「中学校の時にあった案件が原因で、こういうことに至ったのであれば、もっと大変なことなので、事実を追及していく必要がある」

(金澤記者)「自称ユーチューバーの男の身柄が検察庁に送られます」

また、この問題を巡っては、亡くなった女子生徒の知人である10代の少女に話を聞こうと迫ったとして、自称ユーチューバーの男が逮捕・送検されるなど波紋が広がっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース