ニッカウヰスキー余市蒸溜所 重要文化財指定へ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.19 17:47

北海道・余市町にあるニッカウヰスキーの蒸留施設10棟と、小樽市にある旧三井銀行小樽支店が国の重要文化財に指定されることになりました。

ニッカウヰスキー余市蒸溜所は、日本のウイスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝が創業した施設です。

昭和10年代に建設され、原材料の加工から蒸留・貯蔵まで日本最初期のウイスキー製造にかかわる施設10棟が、現在も一連で残されています。

北海道における近代産業の遺産としての歴史的価値が高いとして、19日の文化審議会で文部科学大臣に重要文化財に指定するよう答申されました。

また小樽市にある旧三井銀行小樽支店も歴史的な価値が高く、建物の意匠が優秀であるとして答申されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース