今季一番冷え込みで「史上再遅」札幌で初氷観測

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.18 12:24

札幌は18日朝、最低気温が1.7℃と今シーズンもっとも気温が下がり、初氷を観測しました。

初氷は平年より21日遅く、観測史上もっとも遅い観測となりました。

18日の北海道は放射冷却などの影響で、ほぼ全域で今シーズン一番の冷え込みとなりました。

(武田記者)「今シーズンの最低気温を記録した標茶町では一面銀世界が広がっています」

氷点下7.9度を観測した標茶町では、白い息を吐き寒そうにする牛の姿もみられました。

寒さは一旦落ち着きますが、19日夜頃からまた冷え込みが強まるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース