JRが運休 車の立ち往生も 大雪の影響続く

この記事をシェア

  • LINE
北海道2022.01.15 12:13

15日の北海道は上空に残った寒気の影響で、昼すぎまで道央や道北を中心に雪が降る見込みです。

JRは381本が運休となるなど交通への影響が続いています。

札幌では、15日も朝から雪に見舞われ、住民は雪かきに追われていました。

(住民)「(雪が)重いのには参ります。いっぺんに(降雪が)来られるのが一番つらいです」

北海道は上空に寒気が残り、昼すぎまで道央や道北を中心に雪が降る見込みです。

降り続く雪の影響で、胆振の安平町では午前2時前からトレーラーなどおよそ8台が5時間にわたって一時、立ち往生しました。

JR北海道では各方面で除雪が続いていて、午前11時半現在で特急73本を含む381本が運休となっています。

一方、15日から道内27の会場で大学入学共通テストが始まりましたが、会場のひとつである北海道大学では特に混乱なく予定通り試験が始まったということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース