世界の多様なビーズの歴史 国立アイヌ民族博物館でビーズ展・北海道白老町

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.11.22 08:34

世界の貴重なビーズが見られる 特別展が、北海道白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの博物館で開かれています。

白老町のウポポイにある国立アイヌ民族博物館で開かれているのは、ビーズを使った世界の貴重な資料が見られる特別展です。

会場にはアフリカで作られた巨大な人形やアイヌ民族の伝統的な首飾り・タマサイなどあわせておよそ500点が展示されています。

(国立民族学博物館 池谷和信教授)「今回のビーズ展は、世界中のビーズを一堂に集めたのが大きい。アイヌのビーズがどのような特徴かわかってもらえると思う」

この特別展は12月5日まで開催されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース