「強い要請を期間短く」秋元市長が市民に訴え「この2週間については外出を強く自粛」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.28 10:31

(札幌市民20代)「行動を制限するのは難しい感染対策をとって経済活動をする方が皆の負担が少ない」

一方で、こんなご意見も

(札幌市民80代)「思い切って対策期間を長くした方が良いと思う」

(札幌市 秋元克広市長)「感染対策は強い要請を期間を短くと専門家が言っている。長くなると気の緩みもでますので、一定期間の中で強いお願いをしていく」

感染が広がるなか、オリンピックは中止すべきではないかというご意見については。

(札幌市 秋元克広市長)「感染対策をとって無観客での開催を議論。安全な大会が議論されるなかで準備をしていきたい」

またGWの過ごし方について、市民へメッセージを送りました。

(札幌市 秋元克広市長)「いまの札幌の状況は厳しい。小さいな子供にも感染する。この2週間については外出を強く自粛して、みなさんにご協力いただきたい」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース