思い出して去年の大型連休 感染拡大の札幌 専門家指摘の「共通点」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2021.04.28 16:31

札幌の感染者数を専門家はどう捉えているのか。

感染状況の分析と、私たちが注意すべき点を札幌医科大の横田教授に伺いました。

(札幌医科大 横田伸一教授)「検査数などで陽性者数は変わるので、冷静に見る必要がある。

ただ、札幌やその他の地域も含め上昇傾向にあることは間違いない事実。

市中感染は感染経路不明者となるが、これがずっと40%前後。感染者の増加と比例して多いのも事実。

市中感染が広がっているのも間違いない」

さらに横田教授が指摘したのは、去年の大型連休前にあった「第2波」との共通点です。

(札幌医科大 横田伸一教授)「第2波は長期連休前に感染が拡大したが、一方で自粛もかなり強く行われた。

そのためにピークは6月ごろにはかなり抑えられたのも事実。

近づいての会話は感染リスクは上がる。感染リスクを考えながら行動すれば外出で散歩とか、それほど混んでいない商業施設での買い物などは安全に行える」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース