5連休スタート 静岡県内の観光地ではにぎわいも

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.05.01 17:57

1日から5連休がスタートした。新幹線では空席が目立ったが、県内の観光地ではにぎわいを見せたところもあった。

コロナ禍で2回目のゴールデンウィーク。1日も静岡駅では新幹線の空席が目立った。

JR東海によると新幹線・自由席の静岡駅での乗車率は、1日午後4時時点で、下りは「ひかり」で20%「こだま」で10%、上りも「ひかり」で20%「こだま」で10%となっている。

一方、観光地・熱海の駅前には、首都圏などからスーツケースを持った多くの観光客が訪れていた。

去年はほとんどの店が休業していた駅前商店街も今年はにぎわいを見せていて、関係者は安堵する一方で感染対策に注意を払いながら営業していた。

下田市の下田海中水族館では、今月開かれる黒船祭にあわせてペリー提督の衣装を着たダイバーによる餌付けが始まった。

5連休初日の1日は、例年に比べ来館者は半分ほどだというが、ダイバーが魚たちに餌を与えると大きなエイがダイバーを隠してしまい、会場は笑いに包まれていた。

この餌付けは5月16日まで毎日午前中に行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース