三島市の路上殺人事件 共犯の男を逮捕

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.04.07 20:52

先月、三島市の路上で男性が殺害された事件で逮捕された男の身柄が、7日送検された。警察は逮捕された男と共謀し殺害を企てたとして、新たに35歳の男を逮捕した。

7日送検されたのは、住居不定・無職の新津鉄也容疑者(38)。

この事件は先月7日JR三島駅に近い繁華街の路上で清水町の鍵和田俊吾さん(当時32)が刃物で刺され、死亡した。

警察は現場から逃走していた新津容疑者を全国に指名手配していたが、5日千葉県松戸市の路上で発見し逮捕されている。

そして7日警察は新津容疑者と共謀し、鍵和田さんの殺害を企てたとして、三島市徳倉の無職、大木拓容疑者(35)を殺人の疑いで逮捕した。

警察によると逮捕された2人と鍵和田さんは面識があり、殺害された鍵和田さんと、新津容疑者の間には何らかのトラブルがあったとされる。

また事件当日逮捕された2人は、県東部地区の飲食店で殺害を企てたあと、一緒に現場へ向かったとみられている。

2人を知る関係者によると、新津容疑者は事件前ネットでサバイバルナイフを購入していたほか、大木容疑者の車で現場から逃走したとみられる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース