【新型コロナ】新たに41人の感染 2人死亡を発表

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.06.09 19:41

9日県内では静岡市で13人、浜松市で9人、小山町で5人など、計41人が新型コロナに感染したと発表された。また2人が亡くなったと発表された。

このうち小山町では、陸上自衛隊富士学校でこれまでに6人の陽性が判明し、新たなクラスターが起きたと発表された。
県は濃厚接触者などの検査を進めている。

また浜松市では既にクラスターが確認されているグループホーム「あいの街芳川」で従業員1人が陽性となり、このクラスター関連の感染者は16人となった。

そして浜松市は、市内の特別養護老人ホームの入居者と従業員の計60人に7日、濃度が不十分なワクチンを誤って接種したと発表した。
接種の担当者が空になったワクチンの容器に誤って希釈に使う生理食塩水を注入し、使用したという。

この接種を受けた全員に今のところ健康への影響はなく、市は今後、抗体検査を行ったあとに再接種を行う予定。

県内の医療体制は9日正午時点で、新型コロナ患者に対応できる病床使用率は西部で42.9%、中部で17.4%、東部で12.7%、県全体では25.9%。重症者は6人。

また県内の新型コロナワクチンの接種実績について、8日までに1回目の接種を終えた人は34万74人、このうち1回目の接種率は医療従事者で93.15%、高齢者で19.56%となっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース