「常習的で悪質」 甘夏窃盗の男2人 執行猶予付きの実刑判決 静岡・清水区

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.10.14 18:52

14日、静岡市清水区の畑から甘夏を盗んだ罪に問われた男2人に対し、執行猶予のついた有罪判決が言い渡された。

判決を受けたのは住居不定で販売業の本間誠司被告と、富士市の販売業藤田弘幸被告の2人。

判決によると2人は今年6月、静岡市清水区の畑などから2回にわたり甘夏およそ40キログラムを盗んだ。14日、静岡地裁は「常習的な犯行で悪質である」としながらも「犯行を認めて反省している」として2人に執行猶予3年が付いた有罪判決を言い渡した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース