なぜ?同じ場所で相次いだ死亡事故 交通事故鑑定人が現場で指摘したこととは…

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.02.22 21:23

静岡市清水区に、わずか2週間で交通死亡事故が相次いだ「橋」がある。なぜこの橋で事故が続いたのか、専門家と検証した。

静岡市清水区を流れる巴川にかかる「千歳橋」。22日午後、橋の近くでは、警察官らが、懐中電灯や反射材を配って、通行人に交通ルールの徹底を呼びかけた。一見、どこにでもあるりそうな「橋」と「道路」だが、1月から、死亡事故が相次いでいる。

1月30日深夜には、道路を横断していた女性2人が走ってきたタクシーにはねられ、70代女性が死亡した。2週間後の2月13日早朝にも、道路を横断していた80代男性がタクシーにはねられて 死亡した。

千歳橋は、見通しの良い直線道路。橋の手前には信号機のついた横断歩道がある。なぜ事故が続いたのだろうか。橋には横断禁止の標識が設置されているが、横断歩道ではないところを渡る人が多く見られたのだ。

橋の構造はどうか検証するために交通事故鑑定人の中島博史氏に現場を見てもらった。指摘したのは“距離感の錯覚”だ。

交通事故鑑定人 中島博史氏
「橋に向かって登り坂になっている。運転手の目線から見ると高いものは遠くに感じてしまう。橋の近くを横断すると、走っている車からはかなり遠くを横断しているように見える。実は橋までの距離は思ったより近いので到達したときには、まだ(横断者が)渡りきっていない」

道路の幅は約10メートル。歩いて12歩。10秒ほどで渡り終える距離だ。仮に車は時速50キロで走ってきた場合、同じ10秒間で約140メートル進むことになる。

交通事故鑑定人 中島博史氏
「歩行者がこの道路を渡ろうと思ったら、見通しが非常に良い。歩行者は交通弱者ですから、自分が渡っていたら車は止まるはずだと思い込みで渡ってしまう。車側からは見えているから、(車は)止まるだろうと思っていたら、近づいて来てしまったという事故が起きている」

さらに取材を進めると、2015年以降、現場付近では10件の人身事故が発生し、その半数以上が夜間にこの橋を東方向に進む車と右から左に横断してきた歩行者が衝突する事故だった。

その要因の一つと考えられるのが街灯の明るさ。交通事故鑑定人の中島氏は、右側が比較的暗いことでドライバーが橋を横断し始めた人を認識するのが遅れると指摘した。

事故を無くすためにも、警察や静岡市は死亡事故を受けて、ポールの設置や外側線をひくなどの検討を始めた。しかし、未だ有効な対策は見つかっていない。

交通事故鑑定人 中島博史氏
「この場所で事故が多いのは、いくつかの要因が重なっている。1つこれをすればという対策は難しくて、いくつかの対策をしないと、同じような事故は起きる」

事故が多発する千歳橋。悲劇を繰り返さないためにも歩行者側の交通ルールの徹底と、警察や行政の一刻も早い対策が求められている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース