三島市 「千代紙花鳥風月」展始まる

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.02.22 16:20

三島市の佐野美術館で2月20日から美しい千代紙を紹介する「千代紙花鳥風月」展が始まった。

「千代紙花鳥風月」展の会場には明治から大正時代を中心に制作・販売された聚玉文庫コレクションから145点が展示されている。

中には老舗・和紙舗「榛原」と河鍋暁斎や竹久夢二などの一流画家がコラボレーションし人気を集めた作品や、色鮮やかな木版摺りの千代紙、美しい絵短冊や折りたたんで作る熨斗などが展示されている。来館者は芸術性豊かな作品1つ1つに見入っていた。

この展示会は三島市の佐野美術館で4月4日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース