県の観光促進キャンペーン 新規予約停止に

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.04.30 18:44

ゴールデンウイークに入った矢先、県は県民を対象に打ち出した観光促進キャンペーンについて4月30日、一転して停止する方針を示した。

県が一時停止を発表した観光促進キャンペーンは、県民が県内の宿泊施設に泊まった場合、1泊あたり最大5000円を割引きするもの。当初、28日までの宿泊が対象だったが、県は22日、対象を5月末まで延長し、5月6日からは観光施設などで利用できる2000円分の地域クーポンも付与すると発表していた。
しかし県の新型コロナ専門家会議からは、病床使用率が増加傾向にあり、変異ウイルスへの入れ替わりで感染爆発が起きれば医療崩壊の恐れがあると、キャンペーンに否定的な意見が出ていた。

専門家の指摘を受け、県は5月1日以降キャンペーンを使った新規の予約を停止すると発表した。
すでに予約している場合は割引は行われるが、クーポンがもらえないことなどを理由にキャンセルする場合、キャンセル料は県が負担するという。

一方、県は新型コロナに対応できる病床確保について、新たに80床を連休明けにも使用できるよう県内17病院に依頼したことを明らかにした。これにより現在使っている病床と合わせ522床が使用できるめどが立ったという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース