【新型コロナ】13日静岡県内60人感染 42日ぶりの二桁 死者、新たなクラスターはなし

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.09.13 19:49

13日静岡県内では新たに60人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。感染者が100人を下回ったのは8月2日以来、42日ぶり。

静岡市で12人、浜松市と掛川市で7人、富士市で5人、沼津市・磐田市・菊川市でそれぞれ4人などあわせて60人が新型コロナに感染したと発表された。死者や新たなクラスターの発表はなかった。

曜日ごとに前の週と比べると、1日の新規感染者数は15日連続で下回っていて、6日は129人の新規感染者が発表されたが、13日は60人で半分以下となっている。

直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は29.9人で、前の1週間の67.4人に比べ半分以下となった。

県の担当者は「減少傾向にあるものの、爆発的な感染拡大を示す『ステージ4』の基準となる25人を超えているため、まだまだ予断を許さない状況である」と話し、感染対策の継続を呼びかけた。

また磐田市は冷凍庫の故障により、2814回分のワクチンを廃棄したと発表した。

県内の病床使用率は、13日正午時点で西部で35.7%、中部で38.7%、東部は47%、県全体では39.9%となっている。

また重症者は20人、12日午後5時時点の自宅療養者は1393人。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース