元教頭の男に懲役16年を求刑 わいせつ目的で少女誘拐など

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.02.22 20:36

わいせつ目的で少女を誘拐するなどした罪に問われている公立中学校の元教頭の男に懲役16年が求刑された。求刑を受けた沼津市の公立中学校の元教頭 山本英仁被告(53)。起訴状によると山本被告は、去年9月、10代の少女をわいせつ目的で車に乗せて誘拐し、両手両足をロープで縛るなどしたほか、2017年にも別の10代の少女を車に乗せ、わいせつ目的で誘拐した罪などに問われている。
検察側は、「元教え子などの信用を利用し、極めて悪質」などとして懲役16年を求刑した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース