「大きく育てる!」 静岡・御前崎市の小学校でアカウミガメの受け入れ式

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.09.15 19:41

15日、静岡・御前崎市の小学校でこの時期恒例の新しい仲間が加わった。それはアカウミガメ。

御前崎小学校では命の大切さや自然の厳しさを学んでもらおうと、40年以上前から子ガメを受け入れて、育てる保護活動に取り組んでいる。

ウミガメの保護監視員から卵からかえったばかりの体長5センチほどの子ガメ10匹が飼育を担当する4・5年生に渡された。

(児童)
「一生懸命頑張って出来るだけ多くのカメが生き残れるようにしたいです」

子ガメは来年7月に海へ放流する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース