緊急事態宣言 静岡県も9月30日まで延長…飲食店は“我慢の時”

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.09.13 12:32

静岡県は9月12日までの予定だった緊急事態宣言の期間が9月30日まで延長された。飲食店にとっては我慢の時が続いている。

12日夜、静岡市の中心市街地は人通りも少なく閑散としていた。緊急事態宣言の期間が9月30日まで延長されたことを受けて、県は酒類やカラオケを提供する飲食店への休業要請を継続している。

静岡市葵区の飲食店は、酒類を提供せずに午後8時までに営業時間を短縮している。店の人は「売り上げが落ち込んでいるため、テイクアウトのみの営業にすることも考えている」と話していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース