大地震想定…帰宅困難者の誘導訓練 静岡・三島市

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.06.09 12:24

 三島市で、大地震によって帰宅が困難になった人たちの誘導訓練が行われた。
 この訓練は、伊豆箱根鉄道や三島市などが実施したもの。訓練は震度6弱の地震が発生した想定で行われ、車両に残された乗客の体調や視覚障がい者などへの対応を確認した。その後、帰宅困難者がホームに整列し、安全を確認しながら避難所へと向かった。三島駅周辺では、大地震の際、約5500人の帰宅困難者が発生すると予想されているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース