県内初 静岡市に高齢者用ワクチン到着 接種は早くて来週から

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.04.08 20:00

4月8日高齢者向けの新型コロナワクチンが静岡市に到着した。
一般向けのワクチンが県内に届くのは初めてだ。

静岡市の保健所に届いたのは、ファイザー社製の新型コロナワクチン487人分。先月から医療従事者向けへのワクチン接種が始まっているが、一般向けに接種される初めてのワクチンとなる。

きょう届いたワクチンは医師が常駐する市内の高齢者施設の入所者を対象に早くて来週をめどに接種するという。

静岡市保健所の担当者は「今月中に配送されるワクチンが合計4箱、約2000人分、数に限りがあるので高齢者施設に入所している高齢者の方から接種を開始したい」と話した。

なお、施設に入所していない一般の高齢者へのワクチン接種は5月下旬に始まる予定だ。

静岡市では8日到着分の487人分とあわせて今月中におよそ2000人分のワクチンが到着する予定。これは市内の高齢者22万人に対しわずか1%弱の量となる。

静岡市によると高齢者は8月末までにその他の市民は来年2月末までにワクチン接種を行う見通し。

ワクチン接種について静岡市は今月下旬から「接種券」を高齢者から順に配送する

接種の予約は来月中旬から、電話またはウェブサイトから受付を開始する予定だ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース