陸上・飯塚翔太選手 東京五輪に向け地元で快走

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.05.03 19:18

御前崎市出身でリオ五輪陸上銀メダリストの飯塚翔太選手が3日、エコパで行われた静岡国際陸上の200mに出場した。

この大会で20秒24の東京オリンピック参加標準記録突破を狙う飯塚選手。決勝には2018年アジア大会王者の小池祐貴選手らが出場。ハイレベルな戦いとなった。

序盤からスピードにのった飯塚選手はレース終盤で2位の小池選手を引き離し、1着でフィニッシュ!タイムは20秒52。参加標準記録には及ばなかったが、東京オリンピックに向けて地元で順調な仕上がりを見せた。

飯塚翔太選手・・「静岡の大会は2017年ぶりに出場した。優勝できてうれしい。決勝は予選よりもいい動きが出来た。今日は標準記録を狙って来たので、次はしっかり切りたいです」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース