焼津市ふるさと納税で岐阜県関市とコラボ

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.09.11 18:04

 水産のまち焼津市と刃物のまち岐阜県関市が、ふるさと納税で自治体間コラボを開始した。
 これは「マグロは包丁と切り方でおいしくなる」をキーワードに、水揚げ金額日本一の焼津市と刃物製品出荷額日本一の岐阜県関市がコラボし、ふるさと納税でそれぞれの魅力を一緒にプロモーションしていこうというもの。11日は、焼津市の中野市長と関市の尾関市長、ふるさとチョイス運営会社の川村代表がリモートによるキックオフイベントを行った。この中で、関市の包丁などを使ってマグロを切って試食し、包丁と切り方による味の違いを実感していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース