8日静岡県で新たに24人感染 2人死亡発表

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.06.08 19:25

6月8日静岡県では新たに24人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。浜松市では、西区の救護施設でクラスターが発生している。

県内では浜松市で10人、静岡市で4人、沼津市で3人など計24人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。

また、浜松市で60代の男女2人の死亡が確認されている。

浜松市は救護施設「神ケ谷園」で、これまでに職員や入所者など6人の感染が確認され、新たなクラスターと認定した。

施設では、入所者への面会を中止していて、関係者約60人の検査を進めている。

一方、政令市を除く市町でクラスター関連の発表はなく、県は、「新規感染者の数は減少傾向にあるものの、依然として西部を中心に、病床のひっ迫が続いている」として、引き続き感染対策の徹底を呼びかけた。

県内の医療体制はきょう正午時点で新型コロナ患者に対応できる病床の使用率は西部で46.7%中部で17%東部で12.7%県全体では27.3%で、重症者は6人。

また、県内の新型コロナワクチンの接種実績について6月7日までに1回目の接種を終えた人は31万9898人、このうち1回目の接種率は医療従事者で92.03%高齢者で17.94%となっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース