「捨てにきている人の良識を疑う」 違反盛り土を市長が視察 静岡・富士宮市

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.10.14 19:27

静岡・富士宮市で確認されている市の条例に違反している盛り土の現場を14日、市長が視察した。違反盛り土の現状とは…。

今年7月に起きた熱海市の大規模な土石流災害を受け、富士宮市では7月に市内の盛り土の総点検を行った。その結果、市の条例に違反している盛り土が14か所あることが確認されている。

それを受け、14日、富士宮市長は盛り土の現場3か所を視察し、担当職員から現状報告と今後の対応方針の説明を受けた。

視察した盛り土の現場は市に申請が必要となる面積500平方メートルを超えているが、申請が出されておらず、許可も得ていないという。

(富士宮市長)
「誰も見てないからいいやと捨てにきている人の良識を疑う。放置できないから是正させていかなけらばならない。その都度監視しなければならないことを痛感している」

富士宮市は土地所有者に対し、盛られている土砂の超過分をほかの場所に移した上で、申請を出すよう指導しているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース