焼津に新たな宿泊療養施設を開設へ 静岡県内7か所目で10月上旬には県東部にも新たな宿泊療養施設も

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.09.14 12:34

新型コロナの感染拡大を受け、静岡県は9月15日から焼津市のホテルを宿泊療養施設として開設すると発表した。

15日に開設する宿泊療養施設は、焼津市八楠にある「ホテルルートイン焼津インター」。
客室数は135室で、看護師が常駐して軽症や無症状の患者に対応する。

これで静岡県内の宿泊療養施設は7か所、計870室となる。
静岡県は10月上旬、県東部にも新たな宿泊療養施設を開設する予定。

一方、新型コロナの対応に追われている保健所に13日、パンが届けられた。
これは島田市の「ベーカリーラボ」が職員たちを励まそうと行ったもので、自慢のクロワッサン約50個を贈った。
保健所の職員はパンの差し入れに「元気が出る」とお礼を述べていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース