成績改ざん事件 元校長が再審求め特別抗告

この記事をシェア

  • LINE
静岡2021.04.05 20:33

2006年、旧県立天竜林業高校で起きた贈収賄事件で、有罪判決を受けた当時の校長が裁判のやり直しを求めて最高裁に特別抗告した。

これは旧天竜林業高校で当時校長だった北川好伸さんが、大学推薦入試をめぐり生徒の調査書を改ざんするよう指示した見返りに20万円を受け取ったとされたもの。
北川さんは一貫して無罪を主張し裁判のやり直しを求めているが、先月31日、東京高裁が再審を認めない決定をした。これを受け北川さんは5日最高裁に特別抗告した。
北川さんの弁護人は「新証拠に関する評価に事実誤認がある」と話している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース