受験のお守り 貫通石プレゼント

この記事をシェア

  • LINE
岡山2021.01.13 18:47

トンネルを掘る時に最後に貫通した部分の石は貫通石と呼ばれ、昔から重宝されていました。岡山県浅口市では今、国道2号線のトンネル工事が行われていて、今日、地元の公立中学校の3年生に受験用のお守りとして貫通石がプレゼントされました。

こちらが貫通石を使った受験用のお守りです。今日、浅口市立寄島中学校の受験を控えた3年生23人にプレゼントされました。お守りとして渡された貫通石は、現在工事中の国道2号バイパス玉島笠岡道路のトンネルで採れたものです。古くからは安産のお守りとして重宝されていましたが、石(意志)を貫くといった語呂合わせから、最近は「大願成就」のお守りとして人気が高いそうです。

新しい進路に向け、意志を貫いて頑張って欲しいと贈られた貫通石。今後、浅口市内の公立中学校の3年生238人全員に贈られるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース