県警本部長訓示 「警察業務継続とコロナ感染防止対策両立を」【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2022.01.11 12:39

愛媛県警の阿波拓洋本部長は、年頭の訓示で、警察業務の継続と新型コロナ感染防止対策の両立を図るよう指示した。

県警察本部で行われた年頭訓示には、幹部ら18人が出席した。この中で、阿波拓洋本部長は警察官や警察職員への新型コロナの3回目のワクチン接種について「組織的かつ、円滑に進むよう検討している」とした上で「警察業務の継続と感染防止対策の両立を図ることに留意して欲しい」と述べた

愛媛県警は、今年「未来へつなごう安全・安心愛顔のえひめ」を、スローガンに掲げていて、子供や女性、高齢者を
犯罪被害から守る取り組みや
交通事故分析に基づく
効果的な指導・取り締まりなどを
進めるとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース