衆院選愛媛4区 立憲候補取り下げ受け 共産党候補擁立【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2021.10.13 17:18

衆院選・愛媛4区で立憲民主党から立候補を表明していた杉山啓氏がSNSへの不適切な投稿を理由に立候補を取り下げたことを受け共産党は4区に候補を擁立することを発表した。


衆院選の愛媛4区から立候補を表明したのは共産党県委員会が擁立した西井直人氏(64)。西井氏は伊方原発の再稼働反対などを掲げ支持拡大を訴えたいとした。

愛媛4区では立憲民主党から杉山啓氏が立候補を表明していたため共産党県委員会は野党共闘の立場をとり、候補の擁立を見送っていたが、杉山氏が立候補を取り下げたことで急遽西井氏を擁立した。

なお、愛媛4区には、これまでに自民党新人で、元愛媛県副知事の長谷川淳二氏と無所属で元衆議院議員の桜内文城氏が立候補を表明している。

また、高知県出身で政治団体代表の藤島利久氏が、13日会見を開き出馬を表明した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース