来年6月公開 メイドイン愛媛の映画撮影開始【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2021.10.13 16:15

原作やキャスト、それにロケ地などすべてが“メイドイン愛媛”の映画の撮影が松山市で始まった。

愛媛を舞台に撮影が始まった映画「身近き、短き、家族かな」13日はJR三津浜駅で、撮影が行われ原作者で主演の桝形浩人さんとモデルや歌手として活動中の奥村真友里さんらの出演シーンが撮影された。

この映画は「家族」や「幸せ」をテーマにした哀しくもコミカルな物語で、メガホンをとるのは砥部町出身の岩城一平監督。

主演の桝形さんは「日常、家族と過ごしていく中では気が付かないところを映画で浮き彫りにしていきたい」と話していた。

映画「身近き、短き、家族かな」は、来年6月に東温市のシネマサンシャイン重信で公開される予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース