少雨で貯水率低下 石手川ダム29日から取水制限【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2021.04.28 17:33

少雨傾向が続く中、およそ2年ぶりの取水制限。松山市の水がめ、石手川ダムの貯水率が65%を割り込み、29日から上水道で5パーセントカットの取水制限が行われることになった

石手川ダムの貯水率は、去年12月以降、少雨傾向だったことから28日午前8時現在63.2%で、平年に比べ26.1ポイント低くなっている。

この状況を受け、ダムの利水者などで組織する石手川渇水調整協議会は、29日午前0時から1年10か月ぶりに取水制限を実施することを決めた。取水カット率は、上水道5%、農業用水72.7%かんがい用水10%となっている。

このまま雨が降らず取水制限をしなかった場合、6月13日頃には貯水率ゼロになるという。松山市は対策委員会を開き、今後の対応を検討する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース