13日昼前から夕方にかけ 山地は大雪のおそれ【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2022.01.12 13:37

愛媛県では、13日昼前から夕方にかけて、山地では大雪となるおそれがある。気象台は積雪や路面の凍結による交通障害に注意するよう呼びかけている。

13日から14日にかけては、四国地方の上空約1500メートルに氷点下9度以下の寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。
13日昼前から夕方にかけて、山地では大雪となるおそれがある。13日正午までに予想される24時間降雪量は、多い所で、山地6センチ。その後、14日正午までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で平地1~5センチ、山地5~10センチ。

松山地方気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害に注意する一方、農作物や農業施設の管理にも注意を呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース